知っておきたいスキンケアの知識

年齢による毛穴の開きの原因は?その理由と解消方法、乾燥に効果的な化粧水を解説

投稿日:

”最近、毛穴の開きが気になる・・・。”

そんな悩みを感じたことはありませんか?特に、年齢を重ねるにつれて、毛穴の開きに悩む人は多くなるんです。

これって、あなたのお肌から”潤い”が減っていっていることが原因かもしれません。

年齢を重ねると、お肌からは潤いが徐々に失われ、乾燥し、毛穴が開いてしまうんです。

この記事では、年齢を重ねるにつれてお肌の潤いがなくなっていく理由と、それによって毛穴の開きが起こってしまう理由を解説します。
そして、毛穴が開く原因を解消して、毛穴レス肌へと導く方法をお伝えします。

なんで年齢とともに潤いがなくなるの?

それは、年齢と共に、肌のセラミドが減少していくから。

セラミドは、肌の水分量を決めるキーとなる”細胞間脂質”の主成分です。
この細胞間脂質が保持する水分の割合は、なんと80%以上!

だからセラミドが減少してしまうと、肌に水分を維持できなくなり、潤いは失われてしまうのです。

どうして乾燥で毛穴が開いてくるの?

肌が乾燥して水分を失うと、肌がつっぱります。(洗顔後に保湿せずにいると、肌が引っ張られるような感覚がありますよね?あの状態を想像して下さい。)

これは肌が縮んでしまっている状態です。
肌が縮んでいる=くしゃっとなっている。つまり、毛穴が開いているのです。

このように毛穴が開いてしまうと、肌は水分保持のために皮脂を分泌します。
皮脂の分泌をするのはどこでしょうか?毛穴ですよね?つまり、皮脂分泌のために、さらに毛穴の開きが目立つようになります。

このように毛穴が開き始めると、皮脂の酸化や汚れの付着により、毛穴はだんだん黒ずんでいきます。黒ずんだことにより、さらに毛穴が目立ってしまうのです。

どうでしょうか?乾燥の恐ろしさと、保湿の大切さが伝わったでしょうか。

毛穴の開きを食い止めるにはどうすればいいの?

答えは、肌を保湿することです。
それも、外側から潤い成分を塗りたくるのではなく、肌自身の潤う力を育てるのが重要です。

つまり、自らセラミドをつくりだせる肌にすることが重要なのです。

セラミドを生み出し、毛穴レス肌へと改善するためには

通常、セラミドは水溶性ではないため、化粧水には配合することができません。
ですが、ある物質を使うことによって、化粧水でも肌のセラミド量を増やすことが可能になるんです。

その物質とは、ライスパワーNo.11(コメエキス)です。

ライスパワーNo.11は、医薬部外品の効能として唯一、肌のセラミドを増大させる働き(水分保持能改善効果)を認められている成分です。
このライスパワーNo.11を配合したコスメを使えば、肌のセラミド量は増大し、毛穴の開きは改善が期待できるというわけです。

ライスパワーNo.11が含まれているコスメ

ライスパワーNo.11が含まれているコスメは珍しく、あまり数がありません。

安心して使用できるブランドのものとなれば、KOSEの米肌シリーズ、肌極シリーズ、もしくはライスフォースの3択が有名で人気です。

米肌 肌極 ライスフォース
価格 5,000円 2,940円 8,000円
ライスパワーNo.11の有無
その他の保湿成分 ビフィズス菌発酵エキス
大豆発酵エキス
乳酸Na
グリセリン
グリコシルトレハロース
アケビ茎エキス
シソ葉エキス
グリセリン
BG
DPG
ヒアルロン酸Na-2
DL-PCA-Na液
濃グリセリン
総評

保湿成分と価格の関係は、このようになっています。

毛穴の開きをケアしたい場合、保湿力が最も大切。ライスパワー以外の保湿成分の助けもあった方がより効果的ですので、保湿成分の少ない肌極は除外。
米肌とライスフォースでは、価格の面で米肌に軍配が上がります。よってライスフォースは除外。

潤って、かつ価格とのバランスも良い米肌を選ぶべきということがわかりますね。

毛穴の開き対策で化粧水を選ぶなら、まずはトライアルセットから

米肌は、毛穴の開きに悩んでいる方にはぴったりな化粧水。
ですが、いきなり5,000円する本商品を買うのは、少しリスクが高いですよね。もしかしたら、あなたの肌に合わないかもしれませんから。

そんな方のために、米肌の化粧水にはトライアルセットも用意されています。
化粧水だけではなく、洗顔石鹸や美容液、保湿クリームなどの全5点を試してみることができます。
容量も二週間分とたっぷり入っているので、肌に合うかしっかりと確かめることができますよ。

-知っておきたいスキンケアの知識

Copyright© コーセー米肌シリーズの口コミ年代別まとめ | 悪い評判もステマなしで公開 , 2018 All Rights Reserved.